永滝元太郎のブログ


by mop-nagataki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

久しぶりに

ブログ更新します。

ま、見れば分かるか?


最近小説の「八日目の蝉」を読み終えた。


子を持つ親として、
芝居に携わる役者として、いろいろ考えさせられました。

子供の事は勿論、将来の事、自分自身のモノの考え方、捉え方。

きっと他の読者でも考えないようなことまで考えしまいました。


ま、本を読んだ影響だけではないかもしれませんが…。


こないだ遊んでいる娘を見ながら「この子には無限の可能性がある!これからなんだって出来る」なんて事を思った。



その時ふと思ったのは、38才のオレが、娘や若い子達に対してそう思うように、

自分の親や80、90くらいのじいさんばあさんからオレを見れば同じように感じるのではなかろうか?


無限とまではいかなくても、やれる事はたくさんある。


お前は自分で自分のクビを締めてるんじゃないか?

勝手に世界を小さくしてんじゃないか?


んな事を考えた今日この頃です。



ゲンタロ
[PR]
# by mop-nagataki | 2011-05-26 20:08

最近、食べ過ぎてしまう。

冬になると魚は脂がノッテきたり、野菜は甘味を増す。


おいしいからついついね〜
パクパクいってしまう。
おかげでお腹が…。




小学生の頃、生徒の間で♭(フラット)と呼ばれていた先生がいた。


その先生はポッコリお腹がでているので、横から見ると楽譜に出てくる記号の♭(フラット)に似ていた。
今でいうメタボ?

当時メタボなんて言葉は当然なかったので、音楽の授業で習いたての言葉を使うといういかにも小学生らしい。


頭の悪〜い話でした。




オレのことを孫のように可愛がってくれた先生元気かな?


先生オレも♭になりつつありますよ
ゲンタロ
[PR]
# by mop-nagataki | 2010-11-30 12:12

23年ぶりに

先日、中学の同窓会があり23年ぶりにクラスメートたちに再会した。


思っていたより皆さん変わりなく、顔を見れば思い出し懐かしんでおりました。
お前誰?みたいな人も何人かいましたが、不思議と名前を聞けば「ああ〜」と当時の様子と共に蘇ってきました。



担任の先生も全然変わりなく、意外と10歳しか変わらないということにびっくりしました。

当時の先生は、立場の違いもあってずいぶん大人の印象があったけど…。


みんなそれぞれの23年を生きてきたんやなぁ。





次回は12年後。



会えた人も、会えなかった人も、元気で。



ほなまた
ゲンタロ
[PR]
# by mop-nagataki | 2010-09-09 18:29

なんてったって解散??

昨日劇団は解散しました

お客さんのいっぱいの拍手とあったかい気持ちに包まれながら、舞台に立たせてもらえたこと、感じられたことは僕の宝物です。



舞台の上からありがとう
舞台の下からありがとう
舞台の袖からありがとう

みんながみんなにお礼を言い合い、思いやり


それぞれの思い出を胸に

別れを惜しみつつ。




私は幸せもんです


か〜いさ〜んは〜??
や〜めら〜れな〜い??

またみなさんの笑顔に会えますように


ゲンタロ
[PR]
# by mop-nagataki | 2010-08-30 17:03

感謝感謝!

早いもので東京公演も折り返しを過ぎてしまいました。

舞台に立っていると、お客さんが温かい気持ちで見てくださっているのがものすごく伝わります。

カーテンコールの時に一人一人のお客さんの顔を見ながら、「お客さんに支えられてたんやなぁ。」とつくづく感じました。

ありがとうございましただけでは足りないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。


残りのステージも精一杯やらせてもらいます。
すでに来られた方も、これからの方も見守っていてください。


あっ、まだ来る予定のない方は見守るだけじゃなく、ぜひ見に来てください。
ゲンタロ
[PR]
# by mop-nagataki | 2010-08-12 16:15